スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュウグウオキナエビス

竜宮翁恵比寿 王冠




ギネスブックに【世界一高価な貝】と登録されているのがこの「リュウグウオキナエビス」です。


竜宮翁恵比寿この貝は数億年前に大繁殖したのち絶滅しかけ、現在地球上にわずか8種類しか生息しておらず500M~1500Mの深海にひっそり暮らしています。


生物は生きていく上で必ず進化をしていきますが、この貝の体の構造は原始的特徴を残し、オウムガイの様に「生きた化石」と言われ貴重な貝とされていますキラキラ


明治時代には生きたままの貝が釣られ、褒美に約2千万円を渡されたエピソードもあり、2千万を受け取った収集家は「長者になった気分だ ドル袋( ゚3゚)ノ(白-色付き背景用)†SbWebs† 」と言ったことから、別名【長者貝】とも言われていますクラウン



その後、その場所から次々とリュウグウオキナエビスを採集する人が増え、月日が経つにつれ価格は下がっていきましたが、今でも数十万円はする貴重な貝なんですょリラックマハート









スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。