ムラサキカタバミ

さとと-花ピンク ムラサキカタバミ さとと-花ピンク



ミーコの弟シロ。
木陰で休んでます。シャム

ムラサキカタバミとシロ
その横には小さな花。

じいちゃんコだった私は、幼い頃いつもじいちゃんと自転車で二人乗りをしてウサギにあげる草を探しに行きましたうさぺよ~ん

ウサギが1番好きだったのがタンポポの草で2番目によく食べたのがこの”ムラサキカタバミ”。

じいちゃんはこの花を”チュウベェさん”と呼んでいたので私もずっとチュウベェさんと言ってましたねこ
「食べれる」と教えてもらい、凄く酸っぱかったのを覚えていますさとと-花ピンク


ムラサキカタバミムラサキカタバミ(紫片喰)
別名(キキョウカタバミ)
~oxalis corymbosa~

色付きアスタリスク-6s*PeachPink(白-薄い背景用) †SbWebs†花言葉・・・喜び、心の輝き

江戸末期に観賞用として日本に来たそうですが、今では野生化してどこでも見かける花ですね花
太い半透明の鱗茎があり、ハーブとして食用になるそうですさとと-キラキラピンク

しかし・・・
酸っぱいですょねこ


スポンサーサイト

Comment (-) (0)

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。