「龍馬伝」

土佐の英雄

来年の大河ドラマが坂本龍馬に決まったと知った時、
龍馬がすきな私はとても嬉しかったのですうふっ

そして龍馬役が福山雅治さんに決まった時はもっと嬉しかったハート

龍馬伝
別に福山さんのファンでもありませんが、世の女性に幅広く末永く人気のある福山さん。

かっこいいと思いますふるーつ☆Cultivation・ピカピカ青

その人気高い福山さんが演じるなら、
売れっ子作家さんの脚本なら、
龍馬の話なら、


大河ドラマ、

見ますクマ

数年前の(功名が辻)も見た事ないし
大河ドラマも見た事ないけど

「龍馬伝」 見ますクマさとと-花ピンク多分。


龍馬のエピソードで有名なのは新婚旅行の話ですが、
私が好きなエピソードは”休憩時間”を作ったという話です星
龍馬

ノート 《休憩時間エピソード》

とある土木作業現場。
決められた期日より大幅に作業が遅れていました。

当時の土木現場は監督(お侍さん)は椅子に腰掛け命令し、眺めるだけで作業員は休む暇なく朝から晩まで働いていました。

奴隷の様にこき使い、挙句の果てには期日に間に合わない責任逃れで監督は辞め、急遽龍馬がその現場の監督を任されました。

”またどうせひどい監督がくるに違いない”
みんなそう思っていました。

作業現場に初めて来た龍馬。
いきなりハカマの裾をまくり上げ、みんなに言いました。

「わしは猫車の使い方知らんき誰か教えてくれんかのう?にっこり

泥だらけになりながら一緒に作業をする龍馬。

”この監督は頭がおかしいのか?悩む ”みんなそう思ったようです。

数時間後。

「おい!みんな作業を止めて休むぜよかおまる
龍馬が言いました。

”期日に間に合わんに休めやと!?悩む

無茶苦茶な龍馬に困惑しながらもその後は作業が驚くほど進み、みんな龍馬を慕い、期日にはしっかり間に合いました。


このことを受け、龍馬に監督を命じたお偉いさんが聞きました。
「期日に間に合うとは、おまんはどうやって作業員をつこうた?」

すると龍馬が言いました。
「作業は命令するよりみんなでやった方がはよう(早く)終わる!飯も食うて休憩もせなぁはかどるもんもはかどらんぜよにこ


これがきっかけで仕事の合間には「休み時間」というものが出来たのでしたニコうさぎ
スポンサーサイト

Comment (-) (0)

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。