洋画家 黒原和男

貝に魅せられた人



海のギャラリーに今現在展示している貝は約3000種類5万点ありますが、この全ての貝を収集したのが※黒原和男氏です。

黒原氏は市内にご在住で薬屋さんを営んでおり、数々の賞を受賞した洋画家であり貝の収集家でもあります

kuroharakasen


黒原氏といえばこの「クロハラカセン」
1960年頃に土佐沖の船上でこの踊り子の様に美しい不思議な貝を見つけました。
その後この貝は一族に一種しかない新属新種の貝と発表され研究者の波部忠重氏によって「クロハラカセン」と命名されました。


残念ながらこの貝は当館には展示していませんが、まだまだ沢山の貝が所狭しとならんでおります。
館内には黒原氏の絵画も数点展示していますキラキラ オレンジ



黒原氏の宝物達を見にぜひお越し下さい音楽




※黒原和男
土佐清水市の洋画家で貝の収集家。
写実画壇会員、県展無鑑査、県展審査員を務める。
高知県文化賞 世界平和芸術栄誉章 
イタリア・バーリー芸術祭展大賞受賞
パリ・カルセール・ドゥ・ルーヴル展グランプリ 等多数受賞。
スポンサーサイト

Comment (-) (0)

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。