沢山の想い・・・

私が海のギャラリーで働くようになって3年が過ぎました。
沢山のお客さまと会った中で、よくお客様に言われる言葉が

「とても癒されました
「オシャレな建物ですね」
「綺麗でした」




オシャレな建物
私もそう思います。
今から45年程前に建てられたものなのに、今の時代の人が見ても”オシャレ”だと感じるのはやっぱり設計者「林 雅子さん」の粋なセンスのよさと、海のギャラリーの1つ1つがさまざまなプロフェッショナルの手によって作られたからだと思います。
正面

この照明を作ったのは彫刻家「多田美波」さん。
海底から水面を見上げた時の揺らめきを表現されています。
天井照明

DOCOMOMOJAPANの認定プレート。
このプレートは武蔵野美術大学教授「寺山祐策」さんが作ったもの。
黒字も検討していたそうですが、林昌二さんが白字がいいのでは?という事で白字になったようです。
DOCO<br /><br /><br />MOMO.JAPAN
2階のトップライト修復や耐震設計をしたのは、建築家・デザイナー「今川憲英」さん。
修復前は雨漏りで屋根のトップ部分にシートがかけられ薄暗かった館内ですが、今では太陽の自然光が射し込む温かい空間が広がっています。
2F


2005年に1度修復工事を行い、沢山の人のいろいろな技と想いがこの海のギャラリーには詰まっています
スポンサーサイト

Comment (-) (0)

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。